小学生になる前に始めておきたい教育とは

小学生になる前に身につけておくと良い大切な教育~その必要性や重要性とは

小学生になる前に身につけておく教育の必要性や重要性

基本的な生活習慣とは

基本的な生活習慣とは、皆さんも知っているとおり、食事・睡眠・排泄・衣服の着脱・清潔(手洗い、歯磨き粉、入浴など)日常で毎日繰り返される習慣をいいます。

生活習慣の乱れは、子供の学習意欲や気力、そして、体力を低下させてしまう原因になります。
最近、幼児が夜遅くまで起きている事や子供の生活が夜型化しているなど、そんな子供たちが急増しているそうです。
夜型化してしまうと、小学生になった時や生涯とても大変な事になってしまいます。
朝食を食べる子と食べない子では、ペーパーテストなどの得点にも差がでるほどです。
ですので、小学生になる前の幼児期から、しっかりと子供の生活習慣を整えておきましょう。
「継続」が大事です。
子供の生活習慣のしつけは、早いうちからすると良いでしょう。

生活習慣を良くすることのメリット

子供の生活習慣が良いと沢山のメリットがある事を皆さんは、ご存知でしょうか。
そのいくつかのメリットをこちらでご紹介いたします。

1、学ぶ力や考える力がついて、学習意欲が向上し、成績が伸びるそうです。
2、心も健康で、自己効力感を高めることができ、自分に自信を持つ事ができるそうです。
3、子供の生活習慣病(小児肥満や小児メタボ)を防ぐ事ができるそうです。
4、将来は健康志向で健康的な生活をおくる事ができるそうです。など、様々なメリットが他にも沢山ございます。
生活習慣や規則正しい生活をする事によって、日々、心身と共に成長していく事ができるのです。
ですので、幼児期から生活習慣を身につけさせる事は、親御さんにとっては、とても大変な事ですが、子供の将来のためにも、子供と向き合いながら頑張りましょう。


この記事をシェアする