小学生になる前に始めておきたい教育とは

小学生になる前に身につけておくと良い大切な教育~その必要性や重要性とは

幼児期に最も大切な教育とは、「心の教育」である

小学生になる前に心の教育をしよう

最近の小学校では、『思いやりの心を育む』道徳教育をされている学校が多いそうです。その理由としては、社会環境の急激な変化により、数年前から問題視されている「人間関係の希薄化」が進んでいるせいか、子供たちにも影響を及ぼし、望ましい人間関係を築く事や人を思いやる気持ち、心にゆとりをもつ事が難しくなっている子供たちもいるそうです。

それは、幼児期にもとても関係しているのです。
ですので、小学生になる前に、お子さんに心の教育をしてあげましょう。
幼児期には、絵本の読み聞かせなどをお勧めします。
絵本の読み聞かせには、心や感性が豊かになると言われており、他にも、想像力が育つ、集中力や学力がつくとも言われているそうです。
絵本は、心の成長にもつながり、とても良いと言われております。
お子さんがいるご家庭では、お子さんに絵本を読んであげて、お子さんの心の成長の手助けをしてあげてみてはいかがでしょうか。

親子のスキンシップが一番効果的な心の教育

子供とスキンシップをしすぎると、時に親離れができなくなると思われがちですが、そうではないのです。
親子のスキンシップは、子供の自立心を促す効果があるそうです。
その効果とは、感情が豊かになる事や人に思いやりをもてる子(人)に成長していくそうです。
思いやりをもつという事は、人間関係を築く上で最も大切な事であり、そこから社会性が育まれていきます。
親から沢山の愛情を注がれて育った子は、「愛情」というモノを親から学びます。

人は愛された記憶が生きる力になり、挫けそうになった時には、愛された記憶が励みになり、立ち上がる勇気をくれます。
その愛から生まれた優しさが人から人へ、伝わり広がり、子供たちに楽しい小学校生活を送ってもらえるように、親子でスキンシップしながら心の教育をしてあげてみてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする